« 千駄木庵日乗四月二日 | トップページ | 維新について »

2013年4月 3日 (水)

日本伝統信仰の自然観

人類は自然と人間との関係において、自然を征服し支配し造り変へるといふ対し方と、自然に即し自然と共に生きるといふ対し方の二つの立場を持ってゐる。一神教は前者、多神教は後者である。

 自然と共に生きるといふことは、自然の命と人の命を連続したものと見、自然は神から生まれたといふ信仰、自然の中に神を見る信仰から出てくる精神である。

 世界各地の「神話」は、人類最初の男女神はまづ最初に人間を創造してゐる。キリスト教の『創世記』には「はじめに神は天と地とを創造された」「神は自分のかたちに人を創造された。…神は彼らを祝福していはれた。『生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従はせよ、…すべての生き物とを治めよ』」と書かれてゐる。天地自然や人間は全知全能の神が創造された物であるといふことは、神と天地及び人間とは<別個の存在>だといふことである。また、人間は大地を服従させ、すべての生物を支配することを神から許されたのだから、人間が自然をいかに造り変へても構はないし、また生物を生かすも殺すも人間の自由である。近代科學技術による自然の造り変へ・破壊が何らの罪悪感無しに行はれてきた思想的根拠はここにある。

 日本の天地生成神話では、伊耶那岐命と伊耶那美命の「むすび」によって國が生まれた。自然も國土も神から生まれたのだから神の命の延長である。また、単なる「大地の生成」ではなく「國土の生成」である。伊耶那岐命・伊耶那美命がお生みになった大地は、無國籍にして名前もない土の塊としての大地ではなく、國土である。だから生まれた國には神の名が付けられる。大八洲を神の住みたまふ國土として把握する。つまり天地自然を神として拝んだのである。

 このやうな日本人の自然観は、人間が自然を征服し作り替へるといふ西洋の自然観とは断然異なる。柿本人麿の長歌はかうしたわが國の神話の精神を表現してゐる。自然破壊が進む今日において、日本伝統信仰の自然観は重要な意義を持つと考へる。

|

« 千駄木庵日乗四月二日 | トップページ | 維新について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57093235

この記事へのトラックバック一覧です: 日本伝統信仰の自然観:

« 千駄木庵日乗四月二日 | トップページ | 維新について »