« 明治維新は全國民的な「復古即革新」運動だった | トップページ | 日本人の仏教受容について »

2013年4月16日 (火)

千駄木庵日乗四月十五日

午前は、母のお世話。

午後は、原稿執筆の準備。

午後七時より、ホテルサンルート高田馬場にて、『一水會フォーラム』開催。常盤伸東京新聞論説委員兼外報部デスクが「阿部首相の訪露を待つプーチン・ロシアの現状」と題して講演。質疑応答。

130415_203201

講演する常盤伸氏

千駄木に戻り、地元の友人と懇談。医師として福島の被災地に赴き医療支援を行っている人。大震災で家族を失い仮設住宅に一人で生活しているお年寄りのことなどについてお話を伺う。

|

« 明治維新は全國民的な「復古即革新」運動だった | トップページ | 日本人の仏教受容について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57182200

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月十五日:

« 明治維新は全國民的な「復古即革新」運動だった | トップページ | 日本人の仏教受容について »