« 興梠一郎氏の講演内容 | トップページ | 明治維新は全國民的な「復古即革新」運動だった »

2013年4月15日 (月)

千駄木庵日乗四月十四日

午前は、母のお世話。

午後十二時半、午後一時より靖国神社境内の靖国会館で開催される『社団法人・戦没者慰霊の會櫻街道設立報告会』に赴き、祝意を表す。多くの同志にお会いしましたが、次の予定があるので開会前に失礼しました。

午後二時より、浅草公会堂にて戸渡阿見氏(深見東州氏)原作・脚本・音楽の『明るすぎる劇団・東州公演二〇一三』鑑賞。わが国の山岳信仰をテーマにした劇が示唆に富んでいたし、面白かった。

千駄木に戻り、団子坂にて地元の友人と懇談・打ち合わせ。

帰宅後は、急ぎの原稿執筆など。

久しぶりに浅草の街に来ました。雷門あたりと仲見世は大変なにぎわい。観光客でごった返していました。浅草公会堂前には、田谷力三氏・渡辺はま子さんなど生前お付き合いいただいた方々の手形がありました。懐かしい伝法院通りも歩きました。昔のままのお店が並んでいました。

|

« 興梠一郎氏の講演内容 | トップページ | 明治維新は全國民的な「復古即革新」運動だった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57175455

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月十四日:

« 興梠一郎氏の講演内容 | トップページ | 明治維新は全國民的な「復古即革新」運動だった »