« 千駄木庵日乗四月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十八日 »

2013年4月28日 (日)

この頃詠みし歌

静かなる午前二時には五七五七七のしらべを筆に表はす

太陽の輝く下の道を行く 花は咲きをり鳥は啼きをり

錻力屋と書かれし古き家の前 朝倉彫塑館未だ休館

昭和維新の歌うたひつつ歩み行く春の嵐の吹き荒ぶ道

春の野菜豪華絢爛に並びゐるスーパーに来て春菊を買ふ

春来たりホタルイカをば食すなり海の幸多き日の本の國

久しぶりの浅草の街を懐かしむ伝法院通りのその賑はひに

渡辺はま子田谷力三の手形をば懐かしみ見る浅草の春

賑はへる雷門で人を待ち 大江戸の春は今盛りなり

その昔田端義夫ショーを見に来たる浅草国際跡形もなし

日の光燦々と照る朝にして今日の一日(ひとひ)を生きる意志湧く

久しぶりに会いたる友の恙なき笑顔を見れば心やすけし

滅びたる平家一門を思ひつつ清盛直筆の願文を讀む(大神社展)

三輪山の麓より出でし勾玉は神秘なる光を放ちゐるなり()

剣太刀 神の光を放つごとくあたりを清め眩しかりけり()

越前そば食してうれしきこの夕べ旅行きし日を思ひ出しつつ

電車の中で高笑ひしつつ独り言を言ひ続ける人の前に座しをり

時々に尋常ならざる人と会ふ 世の中もすでに尋常ならず

青葉若葉朝の光に照り映えて耀ふ見れば華やぐ心

何処へか花の盛りは去りゆきて なほ年月も流れゆくなり

幾千歳春は花咲き散りゆきて永久に流るるいのちなるかも

雨の降る庭園歩み真紅なる躑躅を見ては心やすらぐ

春過ぎて夏来たるかと思へども氷雨降り続き冬に戻りぬ

そそり立つ大木の下に我立てば命の響きに包まるる如し

日を浴びる新緑の銀杏 生命の尊さをこそ示しゐるなり

眠さこらへ机に向かひ日記書く春寒の夜の一人居の部屋

春なるに寒き夜なり温風機をつけて一人で仕事してゐる

光放つ高き鉄塔 その名をばスカイツリーと名付けられゐる

タンスの中に父が使ひゐしネクタイと背広が吊るされあるが悲しき

窓開けて見下ろしてゐる春の街 登校の子らの列進み行く

平穏な世にあらざれど寺町の夜空に浮かぶ朧月かな

寺町の空に朧の月浮かび静かなる夜となりにけるかも

古寺の伽藍の上に浮かびゐる朧の月を仰ぐ静けさ

朧月谷中の空に浮かびゐて古きみ寺の伽藍鎮まる

|

« 千駄木庵日乗四月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57261089

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗四月二十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十八日 »