« 『斎庭の穂の神勅』を拝し奉りて | トップページ | 現代の混迷打開と日本國體精神 »

2013年3月22日 (金)

千駄木庵日乗三月二十一日

午前は、母のお世話。

午後は、諸雑務。

この後、日暮里散策。諏方神社参拝。

130321_160501

桜咲く諏方神社

130321_1613010001

真言宗豊山派の名刹・養福寺仁王門

130321_1615010001

養福寺本堂  日暮の里は江戸時代、多くの文人たちが訪れたという。なかでも養福寺は「梅翁花樽碑」「雪の碑」「月の碑」などの「談林派歴代の句碑」、江戸四大詩人の一人といわれる柏木如亭を偲んで建てられた「柏木如亭之碑」、妓畸人で知られた自堕落先生こと山崎北華が自ら建てた「自堕落先生之墓」など様々な文人の碑がある。

130321_161601

養福寺弘法大師像

130321_1623010001

昔ながらの棟割長屋。こういう建物も次第に失われていくようです。

130321_1624020001

日蓮宗経王寺本堂の屋根と日暮里高層ビル

130321_1626010001

歌舞伎に登場する古刹・延命院

130321_1628010001

上野戦争で彰義隊が立て籠もった日蓮宗・経王寺

歯科医院に赴き、治療を受ける。

帰宅後は、原稿執筆など。

|

« 『斎庭の穂の神勅』を拝し奉りて | トップページ | 現代の混迷打開と日本國體精神 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57005602

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二十一日:

« 『斎庭の穂の神勅』を拝し奉りて | トップページ | 現代の混迷打開と日本國體精神 »