« 朝廷と柳沢吉保 | トップページ | 祭祀とは、神人合一の行事である »

2013年3月24日 (日)

千駄木庵日乗三月二十三日

朝、デイサービスに赴く母を見送る。

この後、諸雑務。

午後四時より、東陽町の民族革新会議事務所にて、『民族革新会議先人物故同志慰霊祭』執行。斎主・丸川仁氏、祭主・犬塚博英氏。祝詞奏上・祭文奏上・玉串奉奠・直会などが行われた。

130323_161301

祭文を奏上する犬塚博英氏

この後、近くの弓道場にて、『憂国青年同盟勉強会』開催。犬塚博英氏がスピーチ。談論風発。

帰宅後も、諸雑務。

|

« 朝廷と柳沢吉保 | トップページ | 祭祀とは、神人合一の行事である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57019806

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二十三日:

« 朝廷と柳沢吉保 | トップページ | 祭祀とは、神人合一の行事である »