« 千駄木庵日乗三月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十九日 »

2013年3月29日 (金)

青山霊園に眠る先人の墓所

130328_144103 130328_144101

 大久保利通墓所                             斉藤茂吉墓所

130328_144102

大久保公神道碑

130328_144601

濱口雄幸墓所

130328_144602

井上準之助墓所

130328_144902

頭山満先生ご夫妻墓所

130328_145002

牧野伸顕夫妻墓所

130328_145101

樺山資英氏墓所

130328_144302

桜花爛漫の青山霊園

          ◎

久しぶりに青山霊園を散策した。近代史に登場する多くの人々が共に眠っている。立場を異にしたり、敵味方となった人々の墓所が同じところに眠っている。最高権力者であった大久保利通のお墓のすぐそばに、在野の歌人・斉藤茂吉が眠っているというのも面白い。しかもお墓の形も大きさも対照的である。『大久保公神道碑』とは、大久保利通の功績を刻んだ石碑である。近代書道家の最高峰といわれる日下部鳴鶴書。楷書のお手本になっている。

私宅近くには、谷中墓地がある。そこにも幕末から近代にかけて活躍した多くの人々が眠っている。徳川将軍家の菩提寺である寛永寺に隣接しているためが、谷中霊園にはどちらかというと、德川方あるいは在野で活躍した人の墓所が多い。青山霊園は、明治大正期に位人臣を極めた人々の墓所が多いように思われる。西南戦争で戦死した警視庁所属の巡査たちの墓もあった。川路利良の墓もあった。一方、谷中霊園には、大隈重信に爆弾を投擲した来島恒喜、大久保利通を襲撃し死に至らしめた島田一郎などの墓所がある。

|

« 千駄木庵日乗三月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57055627

この記事へのトラックバック一覧です: 青山霊園に眠る先人の墓所:

« 千駄木庵日乗三月二十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十九日 »