« 「萬葉集」は國家変革・激動・外患の危機の時代の歌集 | トップページ | 青山霊園に眠る先人の墓所 »

2013年3月29日 (金)

千駄木庵日乗三月二十八日

朝は、母のお世話。

午前十一時より、青山霊園内外国人墓地・金玉均先生墓前にて、『金玉均先生墓前祭』執行。祭主・頭山興助氏が挨拶。呼掛け人を代表して小生が挨拶。福永武氏が斎主となられ祭事執行。祝詞奏上・玉串奉奠が行われた。そして、近くの会場にて、直会が行われた。談論風発、侃侃諤諤、大音声の議論が展開された。

130328_112302

金玉均先生墓所

130328_115501

玉串奉奠・斎主福永武氏

130328_115601_2

玉串奉奠・祭主頭山興助氏

この後、頭山興助氏など数人の同志と、頭山満先生の墓所に参拝。そして、近代日本において活躍された多くの方々の墓所巡拝。

帰宅後は、明日行われる國體政治研究会のテキスト『皇室を戴く社会主義』(明日の講師・梅澤昇平氏の近著)を読む。

|

« 「萬葉集」は國家変革・激動・外患の危機の時代の歌集 | トップページ | 青山霊園に眠る先人の墓所 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/57055611

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二十八日:

« 「萬葉集」は國家変革・激動・外患の危機の時代の歌集 | トップページ | 青山霊園に眠る先人の墓所 »