« 千駄木庵日乗三月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月九日 »

2013年3月 9日 (土)

在日支那人、来日支那人の動向を厳しく監視すべし

皇居東御苑や靖國神社など東京中心部の日本国にとって極めて神聖なところ・大切なところに支那人を多く見かけるようになっている。そして写真などを撮りまくっている人もいる。この数年その数が増えているように思われる。以前は、「日本という国に関心があるのだなあ」などと呑気に考えていた。しかし、最近は極めて危険なことではないかと思うようになった。

共産支那は、わが国固有の領土那対する軍事侵略の動きを強めている。昨年十二月には、共産支那軍最高幹部が支那共産党中央に対して「戦闘参加申請書」なるものを提出し、日本の対する軍事攻撃の決意を表明した。さらに、支那共産党政治局は、「堅固な軍事闘争の手配りをする」と決議した。

まさに共産支那は、わが国への侵略、軍事攻撃の意図を固め、その準備をしているのだ。

さらに、2010226日には、支那軍が日本などへの侵略を開始した際に、国民に「国防義務」なるものを義務付ける「

動員令」が発令された。この「動員令」の対象者は、18歳から60歳の男性と18歳から55歳の女性で、支那国外に住む支那人即ち日本で生活している支那人も対象となる

すなわち、共産支那軍が日本に対する軍事攻撃を開始すれば、東京のみならず全国で一斉に在日支那人が軍事行動・破壊活動・ゲリラ戦を行うことが義務付けられたのである。極めて危険である。

日本に在住する支那人、来日している支那人の動向を厳しく監視すべきである。

|

« 千駄木庵日乗三月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56916146

この記事へのトラックバック一覧です: 在日支那人、来日支那人の動向を厳しく監視すべし:

« 千駄木庵日乗三月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月九日 »