« 千駄木庵日乗三月十一日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 のお知らせ »

2013年3月12日 (火)

「現行憲法の平和主義」や「非核三原則」を守って国が滅びしまっていいはずがない

北朝鮮のミサイル発射・核武装を『瀬戸際外交』などと呼んでいるが、全くおかしな事である。これは外交などというものではなく、明らかに戦争準備行為・軍事的恫喝である。わが國が本当に国家国民の安全と独立を維持する意志と力があるのなら、北朝鮮に対し即刻先制攻撃をすべきである。

「臭いトイレは元から断たなきゃダメという」というコマーシャルの文句があったが、北朝鮮によるミサイル攻撃を完全に食い止めるには、北朝鮮のミサイル基地に徹底的に先制攻撃を加える以外にない。経済制裁や国連決議など何の効果もない。

わが国は「非核三原則」「専守防衛」という時代遅れにして現実に合わない政策を破棄すべきである。

北朝鮮のミサイル発射・韓国の竹島占拠・共産シナ尖閣侵略策謀は、近隣三国によるわが国に対する敵対行動である。わが國はまさに国家的危機にある。

『元寇』「四百余州を挙る 十万余騎の敵 国難こゝに見る 弘安四年夏の頃」「いでや進みて忠義に 鍛へしわが腕 此処ぞ国の爲 日本刀をためしみん」という歌詞を想起する。

ところが日本にはミサイル攻撃からわが国を守る何の手段も持っていない。支那・韓国・北朝鮮の不法不当行為に報復する手段もない。戦後日本の平和主義がいかに危険な思想であるかが証明されたのである。

「現行憲法の平和主義」や「非核三原則」を守って国が滅びしまっていいはずがない。この国難を乗り切るためには、敵性国家に効果的に報復できる国防体制の確立以外にあり得ない。

|

« 千駄木庵日乗三月十一日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 のお知らせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56937716

この記事へのトラックバック一覧です: 「現行憲法の平和主義」や「非核三原則」を守って国が滅びしまっていいはずがない:

« 千駄木庵日乗三月十一日 | トップページ | 萬葉古代史研究會 のお知らせ »