« この頃詠みし歌 | トップページ | 愛国維新運動と宗教の関係 »

2013年2月25日 (月)

千駄木庵日乗二月二十四日

午前は、母のお世話。

午後一時半より、市ヶ谷の私学会館にて、「台湾二・二八時局講演会」開催。王明理台湾独立建国聯盟日本本部委員長が挨拶。蕭錦文氏(二二八紀念館ボランテイァ)氏が「国民党政権下で進む二・二八事件の風化」と題して基調講演。この後、イリハム・マハムティ日本ウィグル協会会長、オルホドノ・ダイチンモンゴル自由連盟党幹事長、ぺマ・ギャルぽチベット文化研究所名誉所長、蕭錦文氏、黄文雄前台湾独立建国聯盟日本本部委員長によるパネルディスカッションが行われた。

130224_135501

講演する蕭錦文氏

130224_1536010001

パネルディスカッション

午後六時より、春日の文京区民センターにて、『日本の心を学ぶ会』開催。主催者の渡邉昇氏が挨拶。瀬戸弘幸氏が講演。この後、小生が「民主党政権崩壊後の真正保守運動・愛国運動について」と題して講演。全員で活発な討論が行われた。

帰宅後は、諸雑務。

|

« この頃詠みし歌 | トップページ | 愛国維新運動と宗教の関係 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56834977

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月二十四日:

« この頃詠みし歌 | トップページ | 愛国維新運動と宗教の関係 »