« 「もののふ」とは | トップページ | 国粋精神を謳歌した学者たちこそ外国文化受容に対して積極的だった »

2013年2月 4日 (月)

千駄木庵日乗二月三日

午前は、母のお世話。

午後からは、在宅して、『大吼』連載の「萬葉集」講義原稿執筆・脱稿・送付。『月刊・日本』連載の「萬葉集」講義原稿執筆・脱稿・送付。

|

« 「もののふ」とは | トップページ | 国粋精神を謳歌した学者たちこそ外国文化受容に対して積極的だった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56692592

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月三日:

« 「もののふ」とは | トップページ | 国粋精神を謳歌した学者たちこそ外国文化受容に対して積極的だった »