« 愛国維新運動と宗教の関係 | トップページ | イスラム平和財団(英国)理事長・アブドル・ラザク・アブドゥッラー氏の講演内容 »

2013年2月26日 (火)

千駄木庵日乗二月二十五日

午前は、母のお世話。訪問介護の方と共なり。

午後一時半より、永田町の衆議院第一議員会館にて、『新しい憲法をつくる研究会』開催。清原淳平新しい憲法をつくる国民会議会長が「自民党憲法改正案」について講演。続いて、保利耕輔憲法審査会会長(衆院議員)が「憲法改正国民投票とプロセス」と題して講演。質疑応答。保利氏の講演を聞くのは初めてだが、実直そうな人であった。政治家の講演というのは、聞いた後、さわやかな気分になることはあまりないのだが、保利氏の講演はさわやかな感じがした。平沼赳夫氏もお会いするとさわやかな感じの方である。保利氏がかつて国家公安委員長をされていた時、警察に関する質問書を提出したことがある。鄭重な書状をいただいた。現職の国務大臣が、書面で回答するというのは滅多にないことである。

130225_151501

講演する保利耕輔衆院議員

夕刻、銀座にて、知人と懇談。

帰宅後は、原稿執筆など。

|

« 愛国維新運動と宗教の関係 | トップページ | イスラム平和財団(英国)理事長・アブドル・ラザク・アブドゥッラー氏の講演内容 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56841608

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月二十五日:

« 愛国維新運動と宗教の関係 | トップページ | イスラム平和財団(英国)理事長・アブドル・ラザク・アブドゥッラー氏の講演内容 »