« 鳩山由紀夫を糾弾する | トップページ | 仏教の受容と日本民族の強靭性 »

2013年1月20日 (日)

千駄木庵日乗一月十九日

朝は、母のお世話。デイサービスに赴く母を見送る。

午後二時より、靖国神社境内の啓照館にて、『第五回先哲に学ぶ会』開催。但野正弘氏(水戸学会理事)が。「継承された水戸の心」と題する連続講義の最終回として「十五代将軍・徳川慶喜」と対して講演。質疑応答。連続講義の総括のお話もあり大変勉強になった。

130119_141102

講演する但野正弘氏

130119_161901

会場前にある「國技」と刻まれた石碑。頭山満氏書。

130119_1620010001

雪が消え残る靖国神社の庭園

帰宅後は、書状執筆・原稿執筆など。

今日は重要な会合が三つ重なってしまいました。二つの会合には行くことができず、誠に残念でした。

|

« 鳩山由紀夫を糾弾する | トップページ | 仏教の受容と日本民族の強靭性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56580837

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月十九日:

« 鳩山由紀夫を糾弾する | トップページ | 仏教の受容と日本民族の強靭性 »