« 千駄木庵日乗一月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十八日 »

2013年1月18日 (金)

鳩山由紀夫はどうしようもない馬鹿であり売国奴である

鳩山由紀夫という男はどうしようもない馬鹿だ。共産支那に行った鳩山由紀夫は、賈慶林との会談で、尖閣諸島に関し、「係争地である」との認識を示し、我が国政府が支那側の主張通り主権問題を「棚上げ」した上で、両国の協力関係を発展すべきだと主張した。

さらに鳩山は南京大虐殺記念館を視察し、「被害者像」なる物に手を触れ、「かわいそうなことをしてしまった」と語りかけて黙祷したうえ、記者団に「多くの南京の人々を苦しめた事実は素直に受け入れなければならない。大虐殺はなかったと言う方は、ここに来られてから話をされたらいい」と述べた。

尖閣はわが国固有の領土であり、支那との間に「棚上げ」しなければならない一切の領土問題は存在しない。係争地でもない。わが国の元総理が支那に行ってわが国領土を侵略せんとしている国を利する発言をしたのは許されない。

「南京大虐殺」などというのは、嘘八百であり支那の捏造である。その「記念館なるもの」に展示されている資料も捏造である。その「記念館なるもの」を元総理が訪問し、「大虐殺」を肯定する発言をすることは文字通り「利敵行為」だ。

鳩山は、「日本列島は日本人だけのものではない」などと言った男である。鳩山はかつて自分のことを「愚かかもしれない」と言った。「かもしれない」どころではない。正真正銘の愚者即ち馬鹿なのである。否、「馬鹿」などという言葉では済まされない。祖国の領土と主権と尊厳性を敵性国家に売り渡さんとする国賊であり売国政治家である。

鳩山由紀夫が何時帰って来るのか知らないが、入国禁止にできないものだろうか。「在日宇宙人」は国外追放にすべきだ。

鳩山はかつて、「東支那海を友愛の海にしたい」と言った。そして今回の支那訪問でも「和平友愛」とかいう文句を揮毫した。鳩山が本当の東支那海を「友愛の海」とやらにしたいのなら、そして尖閣諸島を「係争地」と思っているのなら、鳩山は尖閣に住み、東支那海を「友愛の海」にし、尖閣を「係争地」でなくするべきだ。

しかし、鳩山が尖閣に住めば、支那は侵略して来ないのか?そんなことはあり得ない。侵略して来る。鳩山の事だから、「尖閣は日本人だけものではない」とか言って。五星紅旗を振って支那侵略軍を歓迎するであろう。ともかく、売国政治家とは鳩山由紀夫の事である。否、彼に「政治家」などという言葉を使いたくない。鳩山由紀夫は売国奴である。

|

« 千駄木庵日乗一月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56564079

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山由紀夫はどうしようもない馬鹿であり売国奴である:

« 千駄木庵日乗一月十七日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十八日 »