« 日本傳統信仰の回復が人間と自然の荒廃を根源的に解決する | トップページ | 靖国神社に参拝して思ったこと »

2012年12月24日 (月)

千駄木庵日乗十二月二十三日

午前は、母のお世話。

正午より、靖國神社境内の靖國会館にて、『天長節を祝ふ会』(小田村四郎会長・森田忠明実行委員長)開催。皇居遥拝・国歌斉唱の後、教育勅語奉読・「教育勅語」奉読・奉答歌奉唱・「天長節の歌」奉唱・聖壽萬歳三唱が行われた。そして、小田村四郎氏が会長式辞を述べた。続いて鈴木信之維新政党新風代表及び小生が祝辞を述べた。

この後、池田一貴氏が「靖国神社と百姓一揆」と題して記念講話を行った。そして、奉祝宴が営まれた。

121223_122901

式辞を述べる小田村四郎氏

121223_124002

記念講演を行う池田一貴氏

帰宅後は、資料の整理など。

|

« 日本傳統信仰の回復が人間と自然の荒廃を根源的に解決する | トップページ | 靖国神社に参拝して思ったこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56380980

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十三日:

« 日本傳統信仰の回復が人間と自然の荒廃を根源的に解決する | トップページ | 靖国神社に参拝して思ったこと »