« 千駄木庵日乗十二月三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月四日 »

2012年12月 4日 (火)

日本精神及び日本主義について

日本精神とは、実際生活の中で、天皇仰慕・天神地祇崇拝(祖先と自然の霊を尊ぶ心)・父母兄弟を尊ぶ心である。そこから明朗心・清明心・武の心・慈しみの心・むすびの心・神人合一(すべてに神を観る心)・天皇仰慕の心・まつりの心などの倫理精神が生まれる。それは弥生時代の稲作生活から生まれた。

日本精神は「記紀」と「萬葉集」に示されている。それを常に実践されているお方が祭祀主・日本天皇である。日本の伝統精神・生活・文化の基本・核は天皇の祭祀である。

日本精神の淵源は、わが建国の事実と理想である。日本精神・民族精神とは天皇を中心とする國體より発生し継承されてきた国民精神ということが出来る。天地生成・神武建国・八紘為宇の精神がその根底にある。

日本精神を根幹として日本国をそして世界を変革しようとする行動的な主義が日本主義である。日本精神を実践し行動し実現する「主義」を日本主義という。一貫不変不動の日本精神を覚醒し、日本精神をその時代において実現せんとする主張であり政策であり主義である。日本主義とは、日本精神から噴出してきたところの現代日本を政治・経済・社会的に変革しようとする一つの行動原理と言い得る。

|

« 千駄木庵日乗十二月三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56247546

この記事へのトラックバック一覧です: 日本精神及び日本主義について:

« 千駄木庵日乗十二月三日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月四日 »