« 千駄木庵日乗十二月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十五日 »

2012年12月25日 (火)

オピニオン雑誌『傳統と革新』第十号のお知らせ

オピニオン雑誌『傳統と革新』第十号

(四宮正貴責任編集) たちばな出版発行


... 特集 領土・國防・安保─日本は侵されている

巻頭言 國難を契機として変革を断行し國防に関して萬全の態勢を確立すべし

                                 四宮正貴             

インタビュー  

自分の國を自分で守る氣概                     奥野誠亮

ラディカルな改革で新生日本の國作りを               平澤勝栄

國家指導者は國を守る意識を持て!                 田母神俊雄



論文

尖閣諸島、北方領土をめぐる孫崎享氏の奇妙な見解          佐藤優

我が國が立憲君主國ならば、立憲主義の原点に戻るべき     西村眞悟

日米同盟を考える   孫崎享

竹島問題の基本は歴史認識から     濱口和久

武道の視点から領土問題を考える     荒谷卓

日本の國防體制は國境警備隊創設と國軍再建にあり 家村和幸

連載

石垣島便り4 尖閣諸島を北方領土や竹島のようにしてはならない   中尾秀一

戦後「平和ボケ」の脱却からすべてが始まる             木村三浩

「民族派學生運動」「新右翼」から「真右翼」への変遷ー我が體験的維新運動史 

                                 犬塚博英



『やまと歌の心』 ―崇徳上皇の御製               千駄木庵主人





〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル

      代表03―5941―2341 FAX5941―2348

 版型 A5判並製 一五〇頁 定価 一〇五〇円 全國大型書店にて十二月下旬発売
オピニオン雑誌『傳統と革新』第十号

(四宮正貴責任編集) たちばな出版発行


特集 領土・國防・安保─日本は侵されている

巻頭言 國難を契機として変革を断行し國防に関して萬全の態勢を確立すべし

                                 四宮正貴             

インタビュー  

自分の國を自分で守る氣概                     奥野誠亮

ラディカルな改革で新生日本の國作りを               平澤勝栄

國家指導者は國を守る意識を持て!                 田母神俊雄



論文

尖閣諸島、北方領土をめぐる孫崎享氏の奇妙な見解          佐藤優

我が國が立憲君主國ならば、立憲主義の原点に戻るべき           西村眞悟

日米同盟を考える                                                孫崎享 

竹島問題の基本は歴史認識から                                 濱口和久 

武道の視点から領土問題を考える                               荒谷卓 

日本の國防體制は國境警備隊創設と國軍再建にあり                   家村和幸

連載

石垣島便り4 尖閣諸島を北方領土や竹島のようにしてはならない   中尾秀一 

戦後「平和ボケ」の脱却からすべてが始まる             木村三浩

「民族派學生運動」「新右翼」から「真右翼」への変遷ー我が體験的維新運動史 

                                 犬塚博英 



『やまと歌の心』 ―崇徳上皇の御製               千駄木庵主人

 



〒167―0053 東京都杉並区西荻南二-二〇-九 たちばな出版ビル

      代表03―5941―2341 FAX5941―2348

 版型 A5判並製 一五〇頁 定価 一〇五〇円 全國大型書店にて十二月下旬発売

いいね! · · · 宣伝する · 数秒前 ·

|

« 千駄木庵日乗十二月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56388898

この記事へのトラックバック一覧です: オピニオン雑誌『傳統と革新』第十号のお知らせ:

« 千駄木庵日乗十二月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二十五日 »