« 小沢一郎に期待し、支持するのは間違っているし、危険である。 | トップページ | やまと歌と愛國心 »

2012年11月22日 (木)

千駄木庵日乗十一月二十一日

午前は、母のお世話。訪問介護の方と共なり。

午後一時半より、芝の駐健保会館にて、『大行社幹部会』開催。顧問の一人としてスピーチ。

いったん帰宅。

午後六時半より、新宿の三平酒寮にて、『笹井宏次朗さん壮行会』開催。多くの同志友人が集い、高歌放吟、談論風発。小生も「元禄名槍譜・俵星玄蕃」を熱唱。ブラジルに赴く笹井氏を激励した。笹井氏は惜別の辞を述べると共に、特別の舞踊も披露した。

帰宅後、『伝統と革新』誌の最終的な校正。

|

« 小沢一郎に期待し、支持するのは間違っているし、危険である。 | トップページ | やまと歌と愛國心 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56163764

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月二十一日:

« 小沢一郎に期待し、支持するのは間違っているし、危険である。 | トップページ | やまと歌と愛國心 »