« 日本伝統信仰こそが、人類滅亡の危機を救う原基となる | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十九日 »

2012年11月19日 (月)

民主党に、自民党の世襲政治家を批判する資格は全くない。

民主党による自民党議員の世襲批判は言いがかりであり難癖だ。世襲議員が比較的少なかった民主党政治が良い政治だったのか!全くそうではない。全員が世襲議員であっても、自民党の方が民主党よりはましだ。民主党政権打倒こそ日本再生の第一歩である。

民主党のかつての代表小沢一郎も鳩山由紀夫も世襲議員ではないが!松本龍・羽田雄一郎が参院議員になったのも先代のお蔭だ。

特に、岩手県知事への差別発言、暴言で大臣を辞任した松本龍は、祖父の代からの世襲議員である。羽田氏の公認をしないのなら、松本の公認もするべきではない。とにかく民主党に自民党を批判する資格はないのだ。口を慎みなさい。

部落解放同盟は「天皇制反対」を公言している団体である。その団体の創始者の孫が国務大臣になったのである。そして自分は権力を乱用し、岩手県知事を侮辱し、差別発言をしたのである。さらに議員という公職を世襲しているのだ。こんなことは許している民主党に、自民党の世襲政治家を批判する資格は全くない。

世襲批判をしている安住の馬鹿野郎は、テレビで、民主党の言う「中道」とは、自民党の宮沢喜一・河野洋平から旧社会党の石橋正嗣までの考え方だなどいう意味のこと言っていた。この連中は、共産支那に媚を売り、自主防衛体制構築を妨害し、何よりも皇室の政治利用をしてきた勢力であり、社民・共産という公然たる左翼・反日勢力よりも悪質な反日・亡国勢力である。しかもこの勢力は社民共産と違って実際に権力の中枢に入り込んでいるのだ。このような考え方を持つ安住のような男が政権の中枢にいる国には、国民は「安住」できない。

民主党は、「自民党政治に戻ってはならない」などと言っているが、民主党政治にこそ戻ってはならないのだ。民主党政権を徹底粉砕すべし。

|

« 日本伝統信仰こそが、人類滅亡の危機を救う原基となる | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56145836

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党に、自民党の世襲政治家を批判する資格は全くない。:

« 日本伝統信仰こそが、人類滅亡の危機を救う原基となる | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十九日 »