« 愛国尊皇の心とやまと歌 | トップページ | 大日本は神國なり »

2012年11月25日 (日)

千駄木庵日乗十一月二十四日

午前は、母のお世話。

午後は、『政治文化情報』発送作業・発送完了。購読者の皆様には週明けにはお届けできると思います。

午後五時より、ホテルサンルート高田馬場にて、『三島由紀夫・森田必勝両烈士追悼祭・野分祭』執行。島田康夫氏が祭主となり祭詞奏上、伊藤好雄実行委員長が祭文奏上、笹井宏次朗氏が『檄文』朗読、玉串奉奠などが行われた。

121124_1710010001

121124_1731010001

『檄文』朗読

この後、伊藤祐靖氏が「尖閣に上陸して見えたもの」と題して追悼講演を行った。

121124_1858010001

記念講演

帰宅後は、諸雑務。

|

« 愛国尊皇の心とやまと歌 | トップページ | 大日本は神國なり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/56184131

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月二十四日:

« 愛国尊皇の心とやまと歌 | トップページ | 大日本は神國なり »