« 日本が今日の国難を乗り切るためには、核武装は不可欠である | トップページ | 国難を契機として、祖国の大変革を断行すべきである »

2012年10月 1日 (月)

千駄木庵日乗九月三十日

午前は、母のお世話。

午後三時より、新橋生涯学習センターにて、『第二十六回日本の心を学ぶ会』開催。渡邉昇氏が司会。瀬戸弘幸氏と小生が講義。活発な質疑応答が行われた。台風接近のため懇親会は行われず解散。

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事、原稿執筆。

|

« 日本が今日の国難を乗り切るためには、核武装は不可欠である | トップページ | 国難を契機として、祖国の大変革を断行すべきである »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55786559

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月三十日:

« 日本が今日の国難を乗り切るためには、核武装は不可欠である | トップページ | 国難を契機として、祖国の大変革を断行すべきである »