« 大西郷の精神 | トップページ | 國體の眞姿開顕こそ日本國の主體性確立の基 »

2012年10月24日 (水)

千駄木庵日乗十月二十三日

午前は、諸雑務。

午後は、病院に赴き、母に付き添う。

午後四時より、赤坂の日本財団ビルにて、笹川平和財団主催「イラン・エネルギーと中東の地政学」と題する講演会開催。ケイハーン・バルゼギャール氏(イラン中東戦略研究所長)、アリー・ビニアーズ氏(イラン政治国際問題研究所国際経済エネルギー研究グループ長)、田中浩一郎氏(日本エネルギー経済研究所中東研究センター長)、中西久枝氏(同志社大学教授)、宮田律氏(現代イスラム研究センター理事長)が講演。質疑応答。内容は後日報告します。

121023_163301

講演会風景

帰途、赤坂にて、知人と懇談。

帰宅後は、原稿執筆の準備。

|

« 大西郷の精神 | トップページ | 國體の眞姿開顕こそ日本國の主體性確立の基 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55958410

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十三日:

« 大西郷の精神 | トップページ | 國體の眞姿開顕こそ日本國の主體性確立の基 »