« 日本主義および日本精神について | トップページ | 日本における愛国心・ナショナリズムは尊皇精神・国体観念と一体である »

2012年10月28日 (日)

千駄木庵日乗十月二十七日

午前は、諸雑務。

午前十一時より谷中の上聖寺にて『憂国烈士之碑追善供養の儀』執行。住職が導師となりて読経、焼香、拝礼。続いて墓所にある憂国烈士之碑拝礼。同志と懇談。

午後二時より、内幸町の日本プレイセンターにて『アジア問題懇話会』開催。池田維氏(交流協会顧問・元交流協会台北事務所長)が、「日台断交四〇周年と今後の展望」と題して講演。奥野誠亮元法相、小田村四郎元拓大総長などが質問を行い、活発な質疑応答が行われた。内容は後日報告します。

この後、病院に赴き母に付き添う。母が家に帰りたがるのがつらい。

帰宅後は、明日の『日本の心を学ぶ会』における講演の準備など。

|

« 日本主義および日本精神について | トップページ | 日本における愛国心・ナショナリズムは尊皇精神・国体観念と一体である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55985686

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十七日:

« 日本主義および日本精神について | トップページ | 日本における愛国心・ナショナリズムは尊皇精神・国体観念と一体である »