« 伴林光平の辞世について | トップページ | 千駄木庵日乗十月五日 »

2012年10月 5日 (金)

『政治文化情報』平成24年10月号(のお知らせ

『政治文化情報』平成2410月号(平成24920日発行)の内容は下記の通りです。見本誌希望の方はメールにてお申込み下さい。m-shinomiya@max.hi-ho.ne.jp

〈皇都の一隅より〉

日韓関係について考へる

李明博の常軌を逸した許し難い発言

韓國の反日感情について

李氏朝鮮は独立國家の体を成してゐなかった

日清、日露戦争は清・露の侵略から日本と韓國の独立を守るために戦はれた

安重根について

日韓併合は決して植民地支配ではなかったし領土拡張でもなかった

李氏朝鮮が真の独立國であったら日本は韓國を併合する必要はなかった

日本統治時代のわが國の努力によって韓國は急速に近代化した

わが國をことさら悪者に仕立て上げ非難攻撃してゐる國と友好関係は結べない

今こそ傳統的民族意識が勃興すべき時である

千駄木庵日乗

ハーバード大學ケネディ行政大學院教授・スティーヴン・ウォルト氏「イスラエルを弱い可哀そうな國と見ることはできなくなった。中東で一番強い國になった。イスラエルを犠牲者とは思えない」

辻井喬氏(堤清二氏)「日本は独立國としてのプライドを持たねばならない。世間がそのことに気が付かなくなっているのが怖い」

この頃詠みし歌

以上のような内容になっております。見本誌ご希望の方はメールにてお申し込み下さい。

|

« 伴林光平の辞世について | トップページ | 千駄木庵日乗十月五日 »