« 千駄木庵日乗九月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十七日 »

2012年9月27日 (木)

自民党総裁選挙に思う

安倍晋三氏が自民総総裁選に勝利した。まあ良かったと思う。一番心配なのは健康であるが、なかなか元気そうに、自己の信念と抱負を語っていた。今後の活躍に期待したい。

石破茂氏は、歴史観に大きな問題がある。しかし、今の自民党の中では、政策面でも、体力面でも突出している人ではないか。私のかなり前から彼の講演を聞いているが、歴史観は別としておおむね首肯できることを言っていた。

石原伸晃氏は、父上と比較するとどうしてもかなり見劣りがする。「巧言令色少なし仁」という言葉を思い起こす人物である。彼が憲法・国防・歴史観など国家基本問題で、はっきりしたことを言うのを聞いたことが無い。そこがオヤジと違うところだ。もっとも父上の慎太郎氏も、ナショナリストであることは確かだが、皇室・靖國神社昭和殉難者合祀についてはまことにおかしなことを言っている。

今後は、共産支那・南北朝鮮・台湾親支那勢力との戦いに打ち勝つために、そして民主党亡国政権打倒のために安倍氏と石破氏とが結束してやっていくしかないであろう。

ただ当たり前のことであるが、私は昔から自民党という政党を全面的には信頼しないことにしている。

ともかく、非力の私がこんなことを言うのは不遜の誹りを免れないが、自民党に総裁に誰がなろうとも、我々は民主党政権と亡国メティアなどがもたらした祖国日本の窮状を打開するための戦いをより一層強めねばならない。

|

« 千駄木庵日乗九月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十七日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選挙に思う:

« 千駄木庵日乗九月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十七日 »