« この頃詠みし歌 | トップページ | 日本が今日の国難を乗り切るためには、核武装は不可欠である »

2012年9月30日 (日)

千駄木庵日乗九月二十九日

午前は、母のお世話。訪問介護の方と共なり。

午後二時より、靖国神社境内の靖国会館にて、「第三回先哲の学ぶ会」開催。永江太郎氏(元防衛研究所戦史部主任研究官)が挨拶。但野正弘氏(水戸史学会理事)が「継承された水戸の心」と題して講演。質疑応答。久しぶりに田久保忠衛氏とお会いする。

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事、原稿執筆など。

|

« この頃詠みし歌 | トップページ | 日本が今日の国難を乗り切るためには、核武装は不可欠である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55777625

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月二十九日:

« この頃詠みし歌 | トップページ | 日本が今日の国難を乗り切るためには、核武装は不可欠である »