« 千駄木庵日乗九月十六日 | トップページ | 尖閣国有化を支持した「朝日新聞」社説 »

2012年9月17日 (月)

『一水会結成四十年大会』における登壇者の発言

『一水会結成四十年大会』における登壇者の発言。ただし小生がメモを取ることが出来た発言のみです。もっと多数の方々が登壇し、祝辞を述べました。

          〇

木村三浩代表「日本恢復のための新たな連帯と前進を期して運動していきたい」。

西部邁氏「近代主義の権化がアメリカ。近代主義が座礁しようとしている。日本人がその事に気が付いていないことが危機の真相」。

田原総一朗氏「イラクに木村氏と一緒に行った。木村氏は世界の反体制派にパイプがあって素晴らしい。天皇陛下を二千年護って来ている國は日本以外に他にない。私はその事を今『中央公論』に書いている。やっと木村さんたちの言葉が世論になって来た。木村さんたちの運動の成果」。

猪瀬直樹氏「尖閣の地主との交渉の下働きをしてくれたのは木村さん。官邸は札束で頬をたたいて横取りした。功労者は木村君」。

|

« 千駄木庵日乗九月十六日 | トップページ | 尖閣国有化を支持した「朝日新聞」社説 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55675886

この記事へのトラックバック一覧です: 『一水会結成四十年大会』における登壇者の発言:

« 千駄木庵日乗九月十六日 | トップページ | 尖閣国有化を支持した「朝日新聞」社説 »