« ランドールG.シュライバープロジェクト2049研究所所長の講演記録 | トップページ | 千駄木庵日乗九月六日 »

2012年9月 6日 (木)

国難の時期に宰相にならんとする人に望む

わが国は、外圧がきっかけとなって変革を成し遂げて来た。大化改新は唐新羅連合軍侵攻の危機があった時に行なわれた。蒙古襲来は建武中興へとつながった。明治維新は欧米列強の侵略の危機があった時に行なわれた。今日もまた外圧の危機に晒されている。今こそ、大変革を成し遂げなければならない。

自民党総裁・民主党代表にならんとする人は、まさに国難の時にあたり、決死の覚悟を持たねばならない。西郷隆盛・大久保利通の如く、最後は非業の死を遂げることもあり得る。そのくらいの覚悟無くして、国難の時期に宰相になろうとするべきではない。

|

« ランドールG.シュライバープロジェクト2049研究所所長の講演記録 | トップページ | 千駄木庵日乗九月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55592600

この記事へのトラックバック一覧です: 国難の時期に宰相にならんとする人に望む:

« ランドールG.シュライバープロジェクト2049研究所所長の講演記録 | トップページ | 千駄木庵日乗九月六日 »