« 真の東洋平和を構築するために、維新を目指す者は、何をなすべきか。 | トップページ | 『國見』の意義 »

2012年8月 1日 (水)

千駄木庵日乗七月三十一日

午前は、母のお世話。

午後からは、在宅して、『伝統と革新』編集の仕事、原稿執筆など。

|

« 真の東洋平和を構築するために、維新を目指す者は、何をなすべきか。 | トップページ | 『國見』の意義 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55324994

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗七月三十一日:

« 真の東洋平和を構築するために、維新を目指す者は、何をなすべきか。 | トップページ | 『國見』の意義 »