« 千駄木庵日乗七月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十五日 »

2012年7月25日 (水)

『国民の生活が第一』は党名に偽りあり

『国民の生活が第一』について原稿を依頼された。政党批判は、その政党の掲げる政策・綱領に対して行われなければならない。しかるに、『国民の生活が第一』という政党は、七月十一日に結成されて以来、十二日を経過しても、いまだに「政策・綱領」が発表されていない。原稿締め切りの関係もあり、はたと困ってしまった。

『国民生活が第一』という政党のホームページすらいまだにできていない。また所属する衆参両院議員のホームページにも党の政策は書かれてない。

政策・綱領は後回しにしているということは、要するにこの政党は、小沢一郎氏の政治権力の延命と、「小沢チルドレン」の次の選挙で生き残りを目的にして結成されたのである。

ゆえに、政党名は「小沢一郎の権力延命が第一」「小沢チルドレンの生き残りが第一」とすべきなのである。

「新しい政党『国民の生活が第一』の結党にあたって」という文章が発表されているが、今日我が国が直面している最大の国難であるところの共産支那・北朝鮮の軍事的脅威については一切語られていない。敵性国家の侵略こそが、「国民生活」を脅かす最大のものである。その事への言及無くして『国民生活が第一』などと称する資格は毛筋の横幅ほどもない。『国民の生活が第一』は党名に偽りあり、なのである。

|

« 千駄木庵日乗七月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55273435

この記事へのトラックバック一覧です: 『国民の生活が第一』は党名に偽りあり:

« 千駄木庵日乗七月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月二十五日 »