« 『週刊文春』の「小沢一郎妻からの離縁状」という記事を読んで思う | トップページ | 歌心と維新の志 »

2012年6月16日 (土)

千駄木庵日乗六月十五日

午前は、母のお世話。訪問介護の方と共なり。

午後は、『政治文化情報』発送準備。

午後七時より、ホテルサンルート高田馬場にて、『一水会フォーラム』開催。作家・詩人の辻井喬氏(堤清二氏)が講演。活発な質疑応答が行われた。終了後、懇親会。後日報告します。

120615_190501

講演する辻井喬氏

帰宅後は、諸雑務。

|

« 『週刊文春』の「小沢一郎妻からの離縁状」という記事を読んで思う | トップページ | 歌心と維新の志 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54975117

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月十五日:

« 『週刊文春』の「小沢一郎妻からの離縁状」という記事を読んで思う | トップページ | 歌心と維新の志 »