« 「新嘗祭」について | トップページ | クレイトン・ヤイター元米国商務長官の「TTPと日米関係」題する講演の内容 »

2012年6月30日 (土)

千駄木庵日乗六月二十九日

午前は、母のお世話。

昼は、知人と懇談。三島由紀夫氏やアルベール・カミュのことなどを語り合う。私はカミュの作品は「ペスト」しか読んでいない。もう一つ西洋の小説で読んだことがあるのはエミール・ゾラの「居酒屋」である。どちらも暗い物語であった。ドストエフスキーの「罪と罰」も持っているがまだ読んでいない。題名からして明るい小説であるはずがない。

午後からは在宅して、『伝統と革新』編集の仕事及び資料の整理。

|

« 「新嘗祭」について | トップページ | クレイトン・ヤイター元米国商務長官の「TTPと日米関係」題する講演の内容 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/55081825

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗六月二十九日:

« 「新嘗祭」について | トップページ | クレイトン・ヤイター元米国商務長官の「TTPと日米関係」題する講演の内容 »