« 千駄木庵日乗六月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月八日 »

2012年6月 8日 (金)

維新変革と和歌

文藝特に和歌は、常に現状を変革しよりよき状態を憧憬するものである。和歌は、和歌を詠む者に、変革への意志と戦いがあってこそ高い価値が生まれる。和歌が真に、命・言靈のあるものとなるのは、その和歌を詠む者に維新変革の意志があることによる。

命が枯渇し言靈が失われた言語が氾濫する情報化時代の現代においてこのことは重要である。

維新変革には悲劇と挫折を伴う。而して詩歌とは悲願と悲劇と挫折とを謳いあげることによってその精神的・美的価値を高からしめる。

維新とは懸命なる戦いであるが、単なる破壊でも暴力でもない。「あはれ」で悲しいものであるが、半面、美しいものである。また歓喜に溢れたものでもある。

和歌はそれを美しい日本の調べによって表現するのである。

和歌の歴史に於いて、最も偉大なる時代は、國家の変革期である。変革期においてこそ偉大なる和歌が生まれる。日本最高最大の歌集『萬葉集』は大化改新・壬申の乱・奈良遷都という大変革を背景として生まれた。

在原業平に象徴される平安朝の和歌は、藤原氏の専横への抵抗から生まれて来たと言える。後鳥羽院の覇者・北條氏の武家政治に対する戦いの時代には『新古今和歌集』が生まれた。

幕末維新の時代には、尊皇攘夷を目指した志士たちの詩歌は永遠不滅の光彩を放っている。さらに東洋の解放を目指した大いなる戦いであった大東亜戦争に殉じた将兵たちの辞世の歌は、万人をして慟哭せしめる不滅の価値を持つ。このように國家変革即ち維新と和歌は不可分である。

それらの歌は、なべて日本國の精神を包み込んで表白し、それぞれの時代性と変革の状況において個性を以て表現されているのである。

|

« 千駄木庵日乗六月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月八日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54903541

この記事へのトラックバック一覧です: 維新変革と和歌:

« 千駄木庵日乗六月七日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月八日 »