« 『世界ウイグル会議を支援し中国の覇権と闘うシンポジウム』における登壇者の発言・その二 | トップページ | 最大最悪の侵略国家は共産支那である »

2012年5月25日 (金)

千駄木庵日乗五月二十四日

午前は、母のお世話。

お昼は、知人と懇談。内外の諸情勢について意見交換。

午後六時より、内幸町の日本記者クラブにて、『花岡信昭さんの思い出を語る会』開催。遠藤浩一氏が司会福田勝幸拓殖大学理事長、熊坂隆光産経新聞社長、頭山興助呉竹会会長、渡辺利夫拓殖大学学長、猪瀬直樹東京都副知事、田母神俊雄元航空幕僚長などが思い出話を語った。このほかにも小田村四郎・三宅久之・平沢勝栄・鈴木宗男・衛藤晟一の各氏などが参加していた。

120524_1802010001

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 『世界ウイグル会議を支援し中国の覇権と闘うシンポジウム』における登壇者の発言・その二 | トップページ | 最大最悪の侵略国家は共産支那である »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54792075

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月二十四日:

« 『世界ウイグル会議を支援し中国の覇権と闘うシンポジウム』における登壇者の発言・その二 | トップページ | 最大最悪の侵略国家は共産支那である »