« 記紀・萬葉の世界では、「武」「歌」「戀」の三つは一体であった | トップページ | 日本國體精神恢弘による世界の真の平和実現 »

2012年5月16日 (水)

千駄木庵日乗五月十五日

午前は、母のお世話。

午後は、『伝統と革新』編集作業。及び小生担当の原稿執筆。

午後五時より、赤坂の日本財団ビルにて、『マイケル・アマコスト元駐日アメリカ大使講演会』開催。モデレーターは、田中均日本総合研究所国際戦略研究所理事長。内容は後日報告します。やはり共産支那の台頭のことが大きな話題となった。各国大公使や外務省関係の人々が多く出席していた。

帰途、湯島にて先輩と懇談。内外の諸情勢について意見交換。

帰宅後は、原稿執筆・脱稿・送付。そして明日のスピーチの準備など。

|

« 記紀・萬葉の世界では、「武」「歌」「戀」の三つは一体であった | トップページ | 日本國體精神恢弘による世界の真の平和実現 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54721450

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月十五日:

« 記紀・萬葉の世界では、「武」「歌」「戀」の三つは一体であった | トップページ | 日本國體精神恢弘による世界の真の平和実現 »