« 小沢一郎を政界から追放することが、維新の第一歩 | トップページ | 昭和維新と現代の変革 »

2012年4月29日 (日)

千駄木庵日乗四月二十八日

午前は、母のお世話。

午後二時より、靖国神社境内の靖国会館にて、『第一回・先哲に学ぶ会』(日本学協会主催)開催。永江太郎同協会常務理事が挨拶。但野正弘植草学園短期大学名誉教授(水戸史学会理事)が「継承された水戸の心」と題して講演。内容は後日報告します。

120428_1614010001_2

新緑が瑞々しい靖国神社の銀杏並木

120428_140002_2

挨拶する永江太郎氏

120428_140401

講演する但野正弘氏

帰宅後は、明日の『日本の心を学ぶ会』における講演の準備など。

|

« 小沢一郎を政界から追放することが、維新の第一歩 | トップページ | 昭和維新と現代の変革 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54582658

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月二十八日:

« 小沢一郎を政界から追放することが、維新の第一歩 | トップページ | 昭和維新と現代の変革 »