« 対支那戦略と『現行占領憲法』 | トップページ | 日本人はなぜ桜の花を好むのか »

2012年4月21日 (土)

千駄木庵日乗四月二十日

朝、母のお世話。

午前十時より、永田町の事務所にて、平沼赳夫衆院議員にインタビュー。『伝統と革新』誌に掲載のためなり。平沼氏とゆっくりお話ししたのは初めてである。礼儀正しく、品格があり、尊皇精神が旺盛な方であることをあらためて実感した。今、こういう政治家はあまりおられないのではないか。

いったん帰宅し、資料の整理など。

午後、六時半より、浅草公会堂にて、『明るすぎる劇団・東州定期公演』鑑賞。深い内容のテーマを明るくコミカルに演じていた。

帰宅後も、諸雑務。

|

« 対支那戦略と『現行占領憲法』 | トップページ | 日本人はなぜ桜の花を好むのか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54521353

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月二十日:

« 対支那戦略と『現行占領憲法』 | トップページ | 日本人はなぜ桜の花を好むのか »