« 一君万民・天皇帰一・承詔必謹がわが国の永遠に変らざる國體 | トップページ | 独立不羈三千年来の大日本 »

2012年4月 1日 (日)

千駄木庵日乗三月三十一日

朝、母のお世話。

午前十一時半より、青山霊園にて、『先覚 金玉均先生墓前祭』執行。坪内隆彦氏が司会。頭山興助氏が祭主挨拶、犬塚博英氏が呼掛け人代表挨拶を行った。福永武氏が斎主となり、祭儀が執行され、祝詞奏上・金玉均先生碑文奉唱・玉串奉奠などが行われた。そして、元韓国空軍大佐・崔三然氏が挨拶した。木村三浩氏が実行委員長挨拶を行い、終了した。

120331_114501

金玉均先生墓

120331_114601

頭山興助氏

120331_114801

犬塚博英氏

120331_115101

祭儀

この後、安念ビルにて、意見交換会が行われた。

120331_1437010001

意見交換会

「春嵐 吹き荒ぶ中 墓前祭」

「友と語らふ 時に響ける 春の雷」

帰宅後は、原稿執筆の準備など。

|

« 一君万民・天皇帰一・承詔必謹がわが国の永遠に変らざる國體 | トップページ | 独立不羈三千年来の大日本 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54358153

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月三十一日:

« 一君万民・天皇帰一・承詔必謹がわが国の永遠に変らざる國體 | トップページ | 独立不羈三千年来の大日本 »