« 千駄木庵日乗三月二十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月三十日 »

2012年3月30日 (金)

「日本の神々と祭祀の心」への回帰が現代を救う

本日、明治神宮参拝を終えて帰宅すると、奈良新聞取締役の武智功氏より、武智氏の近著『記紀に見る日本の神々と祭祀の心』(奈良新聞社刊)が届いていた。まことに素晴らしいご本である。多くの方々とりわけ若い世代の人々に読んでもらいたいと思う。日本神話の精神、日本伝統信仰を学ぶためのテキストとしても最適である。

最近、『日本書紀』通読したが、天武天皇・持統天皇の御代に、非常に多く地震が発生したことが記されている。また、頻繁に「廣瀬・龍田の神を祭る」という記事が書かれている。水と風の神であるとのことであるが、五穀の豊穣と風水害を無きことを祈ったと記されている。

今日の日本人は、古代日本の「まつりの心」を回復しなければならない。武智氏の著書の書名である「日本の神々と祭祀の心」に回帰することが現代の日本を救う方途であると確信する。

武智氏は、「はじめに」において「混迷の時代には原点に帰れと言われている。今こそ私たちは『記』『紀』の神話や、その息吹が今も息づく各地の祭りなどに、日本の原点を学ばなければならない」と主張され、「むすび」において「万物に神が宿るという思いは、一神教に見られる人間が自然を支配するという考えとは異なり、地球環境問題を考える上で大切な思いである。自然を神と置き換えれば、現代人はまさに神をも恐れぬ存在になっている」と説いておられる。

全く同感である。まさに現代に生きる人々は、自然の中に生きたもう神々、そして祖霊への感謝と畏敬の念を回復すべきだと思う。東日本大震災を経験した日本人は、このことに目覚めなければならないと思う。

|

« 千駄木庵日乗三月二十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月三十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54342271

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本の神々と祭祀の心」への回帰が現代を救う:

« 千駄木庵日乗三月二十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月三十日 »