« 『憲法懇話会』における印象に残った出席者の発言 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十六日 »

2012年2月26日 (日)

各種憲法試案(國體条項)

各種憲法試案(國體条項)

小生の手許にあったもののみです。本日行われた『憲法懇話会』で、小生が報告用に提出したものです。

大日本国憲法草案(小森義峯氏試案

)

第一条   大日本国は萬世一系の天皇内閣の輔弼の下に統治  

権を総攬しこの憲法の条規に依り之を行ふ

第二条   皇位は祖宗の皇統にして皇室典範の定る所に依り皇男子孫之を継承す

第三条   天皇は神聖にして侵すべからず

日本国憲法(大日本生産党改正草案

)

第一条       天皇は、日本国の元首であり、国民統合の中心である。

第二条       天皇は、この憲法条規によって統治権を総攬する。

第三条        皇位は、皇室典範の定めるところにより、祖宗の皇統に属する皇子孫これを継承する。皇室典範の改正は、内閣が皇室会議に諮問し、国会決議を経なければならない。

第四条       天皇の尊厳は、これを侵すことはできない。

大日本帝国憲法私案(滝沢幸助氏

)

第一条        大日本帝国は建国の歴史に鑑み萬世一系の天皇を以て元首とする

第二条        皇位は皇室典範の定めに依り皇男子孫これを継承する

大日本皇国憲法草案(辛亥会・荒原朴水氏

)

第三条(国体) 大日本皇国は萬世一系の天皇、皇祖の神勅を奉じて之を統治する。

第四条(政体) 大日本皇国は天皇を元首とする立憲君主国家である。

第五条(皇位の継承) 皇位は皇室典範の定める所により、皇子孫これを継承する。

第六条(天皇の神聖不可侵) 天皇の神聖は之を侵してはならない。

新憲法の大綱 (日本を守る国民会議

)

天皇は日本国の元首であり、日本国の永続性及び日本国民統

合の象徴である。

わが憲法改正案 (西部邁氏

)

第一条       天皇は日本国民の伝統の象徴であり、従って日本市

民の統合の象徴である。天皇は日本国の文化的代表であり、したがってそれに相応した文化的儀式を行う。天皇の地位は日本国民の歴史的総意にもとづくものであり、したがって日本市民がその地位とその機能について決定を下すに当たっては日本の伝統からの制限を受ける。

第二条       天皇は、皇室に直接的にかかわる公事については、皇位継承のことをはじめとしてすべて内閣の助言を受けつつ皇室の慣習に従ってそれを執り行う。

第三条       天皇は、政治にかかわる国事については、この憲法によって定められる文化的儀式のみを行なう。

憲法改正試案(世界平和研究所

)

第一条   天皇は、国民に主権の存する日本国の元首であり、  

 国民統合の象徴である。

第六条 皇位は世襲のものであって、国会の議決した皇室典範の定めるところによりこれを継承する。

第七条 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない。  

自民党新憲法草案

第一条       天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴

であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

第二条       皇位は、世襲のものであって、国会の議決した皇

室典範の定めるところにより、これを継承する。

第三条       天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみ

を行い、国政に関する権能を有しない。

平成新憲法(木村睦男氏

)

第一条       天皇は、日本国の歴史と伝統に基づき、世襲せられ

た国家の元首であって、日本国を代表する。

第二条       皇位は、主権の存する日本国民の総意に基づき国民統合の象徴である。

第三条       皇位は世襲であって、皇室典範の定めるところによる。

        ○

自民党案は現行憲法のままです。自民党は國體条項に関しては改正の意志なし。これでは駄目です。

|

« 『憲法懇話会』における印象に残った出席者の発言 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54078814

この記事へのトラックバック一覧です: 各種憲法試案(國體条項):

« 『憲法懇話会』における印象に残った出席者の発言 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十六日 »