« 千駄木庵日乗二月二十四日 | トップページ | 第20回日本の心を学ぶ会のお知らせ »

2012年2月25日 (土)

吉田松陰先生の言葉と国難

わが日本國は崇高なる理想を持った「天皇を中心とした神の國」である。しかるに、今日の日本は混迷の極に達している。このままで行けば亡國の淵に立たされる危険がある。日本を立て直し國家を正しく保つためには、信仰共同體の祭祀主たる天皇の神聖権威を正しく回復しなければならない。

吉田松陰先生は、「安政の大獄」で処刑される直前、同囚の堀江克之助に与へた手紙の中で「天照の神勅に、『日嗣の隆えまさむこと、天壌と窮りなかるべし』と之あり候所、神勅相違なければ日本は未だ亡びず、日本未だ亡びざれば正気重ねて発生の時は必ずあるなり。唯今の時勢に頓着するは神勅を疑ふの罪軽からざるなり」と書かれた。

処刑の直前といふ絶望的状況にあっても、なほ、日本國體に対する絶対的信を保持せられた松陰先生に対し無上の尊敬の念を抱く。

今日、日本はまさに危機に瀕してゐる。しかし、神は必ず日本國と日本皇室を守り給ふ。『天壌無窮の神勅』に示されてゐるやうに、天照大御神の「生みの御子」であらせられる日本天皇がしろしめすわが日本國は永遠に不滅である。されば、現御神日本天皇の大御心を体し、日本伝統精神に回帰することによって、いかなる危機もこれを乗り切り、神國日本の真姿が回復すると確信する。

|

« 千駄木庵日乗二月二十四日 | トップページ | 第20回日本の心を学ぶ会のお知らせ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/54067714

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田松陰先生の言葉と国難:

« 千駄木庵日乗二月二十四日 | トップページ | 第20回日本の心を学ぶ会のお知らせ »