« 「やまとうた」の本質 | トップページ | 富田朝彦はやはり君側の奸だった »

2012年1月15日 (日)

千駄木庵日乗一月十四日

午前は、母のお世話。

午後は、書状執筆など。

この後、病院に赴き、父に付き添う。苦しそうな顔をして眠っていたが、小生が額に手を当てるといくらかやすらいだ顔になった。

帰宅後は、資料の整理など。

|

« 「やまとうた」の本質 | トップページ | 富田朝彦はやはり君側の奸だった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53737783

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月十四日:

« 「やまとうた」の本質 | トップページ | 富田朝彦はやはり君側の奸だった »