« 内憂外患を除去するために明治維新の精神に回帰すべし | トップページ | 『天長節の歌』と現御神信仰 »

2011年12月24日 (土)

千駄木庵日乗十二月二十三日

朝は、母のお世話。

午前十一時より、靖国神社に昇殿参拝。

午後十二時より、靖国神社境内の靖国会館にて『天長節を祝ふ会』開催。小生が司会。国歌斉唱・教育勅語奉読・天長節の歌奉唱などが行われた後、小田村四郎「天長節を祝ふ会」会長が式辞を述べた。この後、塩田尚つくば市議会議員・鈴木信行維新政党新風代表が祝辞を述べた。そして、森田忠明実行委員長が挨拶し、式典を終えた。

この後、佐藤健二東京都教師会会長が「大御心と復興の精神」と題して記念講演を行った。この後、直会が行われた。

帰宅後は、『政治文化情報』発送の準備など。

111223_1346030001

天長節を祝ふ会の記念講演

|

« 内憂外患を除去するために明治維新の精神に回帰すべし | トップページ | 『天長節の歌』と現御神信仰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53553829

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十三日:

« 内憂外患を除去するために明治維新の精神に回帰すべし | トップページ | 『天長節の歌』と現御神信仰 »