« 『國歌君が代』について | トップページ | 今日開かれた講演会で印象に残った話 »

2011年12月 9日 (金)

千駄木庵日乗十二月八日

朝は、母のお世話。

午前十時より、靖国神社本殿にて、「大詔奉戴七十年祭」執行。国歌斉唱・祝詞奏上・大詔奉読・玉串奉奠などが行われた。

続いて、奉納演武が能楽堂で行われた。

午後二時より、靖国会館にて、記念講演会会が開催された。森田忠明実行委員長が挨拶し、藤井非三四・黒田秀高両氏が講演した。小生が閉会の辞を述べ終了した。

この後、病院に赴き、父に付き添う。

午後六時より、永田町の憲政記念館にて、史実を世界に発信する会主催『日米開戦七十周年記念講演会』開催。加瀬英明、平沼赳夫、ヘンリー・ストークス、高山正行、茂木弘道の各氏が講演した。大変な盛況であった。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆。

111208_0954010001

黄葉が美しい靖国神社参道

111208_0955010001

靖国神社神門

111208_1201020001

大詔奉戴祭記念講演会

|

« 『國歌君が代』について | トップページ | 今日開かれた講演会で印象に残った話 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53437881

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月八日:

« 『國歌君が代』について | トップページ | 今日開かれた講演会で印象に残った話 »