« 二宮清純氏の講演 | トップページ | 共産支那・北朝鮮からの脅威をわが国再生の好機と捉えるべし »

2011年12月22日 (木)

千駄木庵日乗十二月二十一日

午前は、母のお世話。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

この後、病院に赴き、父に付き添う。

午後六時半より、春日の文京シビックセンターにて、『國體政治研究会』開催。高池勝彦弁護士が挨拶。小田内陽太氏が「内田良平の國體観と維新運動」と題して講演。質疑応答。

『伝統と革新』編集実務担当者の方と打ち合わせ。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 二宮清純氏の講演 | トップページ | 共産支那・北朝鮮からの脅威をわが国再生の好機と捉えるべし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53538761

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十一日:

« 二宮清純氏の講演 | トップページ | 共産支那・北朝鮮からの脅威をわが国再生の好機と捉えるべし »