« 北朝鮮にいかに対処すべきか | トップページ | 「國民主権論」はわが國の國體と合致しない »

2011年12月27日 (火)

千駄木庵日乗十二月二十六日

午前は、母のお世話。

昼は、知人と懇談。憲法問題・明治期の北海道開発などについて語り合う。当時の網走刑務所受刑者の悲惨さなどが話題となった。

午後は、大手町の書店で、対米関係論関係についての書籍を購入。

この後、病院に赴き、父に付き添う。昨日は咳込んでいたが、今日は咳がおさまっていたので安心する。

帰宅後は、『伝統と革新』編集の仕事。そして年賀状執筆。

|

« 北朝鮮にいかに対処すべきか | トップページ | 「國民主権論」はわが國の國體と合致しない »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53579207

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十六日:

« 北朝鮮にいかに対処すべきか | トップページ | 「國民主権論」はわが國の國體と合致しない »