« 千駄木庵日乗十二月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十二日 »

2011年12月12日 (月)

國體と憲法

わが日本は國家の本質と君主たる天皇の御本質が建國以来、信仰的に厳然と確立している。これを法律的に言えば、不文法によって定まっているということである。故に成文憲法でそれを変革することはできないし、成文憲法は不文憲法(立國の基本)に反する規定をしてはならない。

                                          

 しかるに、『現行占領憲法』では、前文で「主權が國民にあることを宣言し」、第一条には「主權の存する日本國民の総意に基づく」という規定がある。これを根拠にして「日本は君主制の國ではないと」する意見がある。これは有史以来の國體を根本から否定する論議であるが、こういう議論が起こり得るところに『現行憲法』の重大欠陥がある。

         

 日本國の歴史と傳統すなわち不文法において、天皇中心の共同體を確立しているわが國で、成文憲法に共和制ともとれるような表現があるのは絶対に許されない。ゆえに『現行占領憲法』は否定されなければならない。

日本國の統治の大權は建國以来天皇にある。天皇統治とは、権力や武力によって人民を支配することではない。日本國の統治大権は建國以来、天皇にあるということを憲法に明確に示すべきである。

天皇の統治大権とは、権力や武力による支配ではなく、祭祀と一體のものであり、天皇が神聖な信仰的権威によって統率し統一することである。ゆえに「萬世一系の天皇が日本を統治する」という表現が適切である。それは「天壌無窮の御神勅」の精神に立脚しているからである。

日本國の素晴らしさは、古代に生成した天皇を祭祀主と仰ぐ祭祀國家が今日に至るまで解體したり断絶したりすることなく今日まで連綿として続いていることである。わが國は神話の時代のままに、高天原から天降られた天照大御神の「生みの御子」の使命を現身の形でそのまま受け継がれる天皇を現實に日本國の元首・君主と仰いでいることである。

わが日本國は崇高なる理想を持った「天皇を中心とした神の國」なのである。しかるに、今日の日本は混迷の極に達している。このままで行けば亡國の淵に立たされる危険がある。

日本を立て直し國家を正しく保つためには、信仰共同體の祭祀主たる天皇の神聖権威を正しく回復しなければならない。

|

« 千駄木庵日乗十二月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53462420

この記事へのトラックバック一覧です: 國體と憲法:

« 千駄木庵日乗十二月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十二日 »