« 『長谷川等伯と狩野派』展参観記 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十三日 »

2011年11月13日 (日)

今こそナショナリズムが勃興すべき時である

今日わが國は、政治の混乱・経済の停滞・道義の低下・外圧の危機が顕著になっている。それは明治維新前夜よりも深刻な状況である。そして人々の心の中に不安と空虚感が広まっている。これを克服するためには、日本民族としての主體性・帰属意識を回復する以外に無い。今こそナショナリズムが勃興すべき時である。日本民族の歴史意識・傳統精神を我々一人一人の精神の中で甦らせ國民一人一人の倫理観・道義感の基本に置くことによって日本民族の意識・ナショナリズムが形成される。

ナショナリズムとは、将来へ向けて自國・自民族が独立を維持するための精神であって決して回顧的なものではない。また、決して不潔なものでも、手垢にまみれたものでも、危険なものでもない。これからの日本のために欠くべからざるものである。

明治維新の基本精神が神武建國への回帰であったように、インドの反英独立運動=ナショナリズムの思想的基盤が古代精神への回帰であったように、ナショナリズムの基礎にはその國の古代からの傳統精神への回帰があった。これを復古即革新という。

日本ナショナリズムの基礎となるものは、天皇中心の國體を護持する精神である。今こそ天皇を中心とした國家の回復を目指す維新運動を繰り広げねばならない。    

わが國の歴史を回顧すると、國家的危機の時こそ、尊皇精神・愛國心が勃興し、その危機を乗り切ってきた。白村江の戦いに敗れ、唐新羅連合軍のわが國への侵攻の危機に見舞われた時には、大化改新を断行し、天皇中心の國家體制を明徴化した。壬申の乱の後には、皇室祭祀および伊勢の神宮祭祀の制度が確立し『記紀』及び『萬葉集』が編纂され天皇中心の國家思想が正しく確立された。元寇の時には、それこそ全國民的に神國思想が勃興し國難を乗り切った。幕末の外患の危機に際しては、尊皇攘夷をスローガンとする明治維新が断行され、日本の独立を維持し近代國家として出発した。

今日の日本の危機的状況も、ナショナリズムの興起・日本傳統精神の復興により必ず打開し乗り切ることができると確信する。そのためにも近代における最大の危機であった大東亜戦争が何故敗北したのか、その原因を正しく究明することが大切である。

|

« 『長谷川等伯と狩野派』展参観記 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53230313

この記事へのトラックバック一覧です: 今こそナショナリズムが勃興すべき時である:

« 『長谷川等伯と狩野派』展参観記 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十三日 »