« 「戦後」という言葉は何時まで続くのだろうか | トップページ | 谷口雅宣と徳川家光 »

2011年11月15日 (火)

千駄木庵日乗十一月十四日

午前は、母のお世話。

午後は、諸雑務。

この後、病院に赴き父に付き添う。医師の方と相談。

午後五時半より、浅草雷門にて長年の友人のお店の開店祝い。同志友人と歓談。浅草は本当に久しぶり。今日は二の酉なので何時もより人出が多いとのこと。

帰宅後は、書状執筆・『政治文化情報』発送準備。

|

« 「戦後」という言葉は何時まで続くのだろうか | トップページ | 谷口雅宣と徳川家光 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53247512

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月十四日:

« 「戦後」という言葉は何時まで続くのだろうか | トップページ | 谷口雅宣と徳川家光 »